雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

通臂門 張策先達 (その二)

zc2.jpg

スポンサーサイト

その他 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<査拳大師 何玉山師祖 (何福生先達之祖父) | HOME | 七星螳螂門 羅光玉先達 (その二)>>

この記事のコメント

中華国術論壇に於いて
中国拳術には五歩の功夫が有る:
と、この写真入りで掲載されていました。

なかなか味わい深い(どんな味か?)要訣だったので、下記に転載させていただきます。

中国拳術有五歩功夫:
 有定招定法而取勝、謂之小乗。
 無定招死法随機応変而取勝、謂之中乗。
 雖有衆多之法而能gou万法帰一、使対手防不勝防、謂之大乗。
挙手抬足、動静処中、以自身触覚之本能発力而取勝、謂之上乗。
万法具備、万法尽通、随心所欲而不落行迹、使対手如臨滅罔、無从逃避、謂之最上乗。

これに対して、有る人が『高深過ぎて良く解らない、もっと通俗的に解釈出来ないか?』とコメントしていましたが……確かに難しいですね…。

自分の熟練の程度や、対手とのレベルの差で感じられたり、感じられなかったりしますし……。
一歩から五歩の間には、実は、それ程の差は無いのかも…と感じたり…。

う~ん、やっぱり解りませんね~…!?
2005-12-21 Wed 23:27 | URL | 査迷児 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。