雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

修劍痴著 通背拳譜抜粋(その七)

 急緩論

 急緩之道,急似迅電,令敵難以防護,緩如陰陽,變化神奇,令人莫測。急則少變,緩則易變,急則失其意,緩則待其變,緩入急取,急退緩變,緩緩自然活變。彼若轉動我能随之,急若不克敵勢,思變何以應之?
法曰:臨敵應變急緩相合,此之謂技撃之要道也。
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<姜化龍師祖系 螳螂拳譜 | HOME | 螳螂門成立の一側面>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |