雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

螳螂門成立の一側面

pu1.gif
曲滋君老師蔵 『二十八将台十八般兵器総集』譜

pu2.gif
国家体委蔵 清代拳譜

 近代以降における螳螂門の理論構築の痕跡を覗うことができる資料である。根本先生の指摘されていた、門の確立に尽力された先達たちの貪欲なまでの姿が浮かび上がってくる。
 『姜化龍~宋子徳拳譜』の「短打理論」(八歩螳螂門、衛笑堂老師の著作中にも記載あり)とこの「鞭論」が同じものであることは、対比すれば一目瞭然である。
 二葉の写真の拳譜とも、話題の書である『少林衣鉢真傳』(全四巻)の一部分(器械篇・第三巻)と推測される。この書は螳螂門の成立に深く関わっていると思われる。七長八短、八剛十二柔、翻車轆轤等の重要な理論はこれが原典と考えられるからだ。ただし書中に述べられる技術内容、名称とも現行のものとは大きく異なり、現代の山東螳螂門との関係は希薄といわざるを得ない。
 最近大陸側の若手の研究者により、この書の本格的な考証が始まっている。今後の研究発表を注目したい。

スポンサーサイト

螳螂門・蟷螂門・螳螂拳・蟷螂拳 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<修劍痴著 通背拳譜抜粋(その七) | HOME | 崔寿山太師爺著 太極螳螂拳譜より抜粋(その三)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。