雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

修劍痴著 通背拳譜抜粋(その五)

虚実論
 虚実之要在于心不在于形。心若虚,形雖実也虚;心若実,形雖虚亦実。去実則攻撃,從来実則難攻,実則易破。若彼虚我実,性貪,貪則力猛,猛則出乎無虚敵,勢突變,手足失措,雖有智,變亦不及。法曰:虚実相應臨變制敵也。
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<修劍痴著 通背拳譜抜粋(その六) | HOME | 93年 初訪中 (その一)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |