雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

陳公雲濤師爺『螳螂拳略論』より抜粋

 『六合螳螂,以“三捶”為母捶,即拳之基本也。此拳為練直撃與練發底勁之最好形式,捶出歩随,提歩施后,挂避之手與出手同時行動,有如形意拳之崩拳類似,但發勁稍有不同耳。両点之間直線最短,中門勢寛,有隙可乘。得機得勢出手,雕翎拳点中脘,强而有力,虽鉄羅漢也無不應手而倒。而何况六合螳螂之“錐之捶”也。此捶中指凸出,一名透骨捶,又名点捶,言其専点穴道也。』

以上は、丁子成太師爺の徒弟の一人でもある陳雲濤師爺の論述『螳螂拳略論』より抜粋です。

さて、私も含めた六合螳螂の練習者全員への投げかけです。
① 三捶は六合螳螂の母捶(母拳)です。すなわち拳の基本です。大切にされてますか?
②六合にとって直撃(真っ直ぐ撃つこと)とは何でしょうか?
③六合の底勁を発することとは何でしょうか?
④捶出歩随を意識していますか?
⑤提歩(前)施後をしっかり用いていますか?
⑥掛避する手と出す手は同時に動いていますか?
⑦二つの点の間にある直線は最も短く。意識していますか?
⑧中門の勢は寛く、隙あらば乗ずるべし。意識していますか?
⑨機を得て勢を得て出手する。意識していますか?

六合は素朴な武術です。
しかし、やはり普及には向かない側面があるのも事実です。
私も最近では自分自身が楽しみながら練ることにシフトしています。
スポンサーサイト

六合螳螂門・六合蟷螂門・六合螳螂拳・六合蟷螂拳 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<バランスアカデミー 6月30日(土) | HOME | バランスアカデミー 6月16日(土)>>

この記事のコメント

凄く良い拳法なんですけどね~

空手、合気、太極拳…、なにやっていた方にも気付きがある。

確かに、インパクトが見えないから、全く経験のない方には判りにくいかなぁ…
2012-06-20 Wed 00:21 | URL | のぶさん #-[ 編集]
問いかけで素敵です。たまには飲み会に誘ってよ~(泣)
2012-06-22 Fri 19:39 | URL | AG #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。