雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雑感 201108

さてさて、8/10~8/18とまたもや中国旅行に行ってまいりました。
今回は武術とはまったく関係の無い、純粋に中国の空気に浸る為の旅でした。
ある意味初めての旅行スタイルですが、なんだか少し寂しい気もいたしますね。

中国に行くたびに思いますが、身体の使い方や意識の持ち方が日本とまったく違います。
同じ黄色人種、東洋に属する両国ですが、
身体つきや歩き方、立ち方で直ぐに見分けがつく程です。
もちろん、台湾や中国南方には日本人に似ている体形の方もおられますが、
やはり、根本的な違いがあるように想います。
人類として、二つの上肢、二つの下肢は同じなのに、なんだかとても不思議ですよね。

日本人が中国武術を学ぶということは、
ある意味、中国人の身体を故意に構築していくことなのかもしれませんね。
ただ、やはり日本で社会生活をおくるということは、日本人の身体から離れられないのも事実です。
この所為でしょうか、私は中国に行くとほんの数日で身体つきが変化してきます。
特に、頭頸部、腰背部、臀部、下肢が見事に変わります。
また、通常、準備運動を充分にして、身体を暖め、
それから出来ることが、自然に瞬時で出来る様になります。
些少な事例ですが、分脚の様に脚を前に挙げて止める動作を日常生活で急に行っても、
日本では使う筋肉の調整をしながら意識をしてやりますが、
中国では何も感じずに自然に挙がり、且つ何分でも止めていられます。
こういう時に外国の文化を学ぶ難しさを実感します。
面白かったのが、上記の動作を中国で飛行機に乗る前にやり、
日本に帰国してから数時間後にやってみた時です。
帰ってきた途端、変な作為や腰の据わらなさ、重心の不安定を感じました。
医学の徒としても、このあたりは研究を進めていきたいテーマです。
スポンサーサイト

私に関して | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バランスアカデミー 9月10日(土) | HOME | 劉敬儒老師講習会のお知らせ2011年夏~最終回>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。