雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

修劍痴著 通背拳譜抜粋(その三)

技術之要論

学而時習貴乎専,闡明原理啓其端。
恒心持久成功道,深造精到必勝権。

 欲求技術之精,貴乎専而已矣,恒而已矣,能専与恒,天下無有不成之事,何况区区技術之微哉。其要悉在于思,一尚思而不得,則再思、三思,則無尽思,任何艱難阻碍之事自能心神悟徹,得其妙理之深精。所謂思之思之,此乃深靠自得,専精自妙。訣即:技術神奇之金針金筏,不可尋常視之也。由此視之,専一務与有恒,為百事之根。所謂思之思之,要言即専一恒,之意如是、法不求精而精,勢不求巧而巧矣。
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<林基有師父 (その一) | HOME | 六合螳螂拳 雑感(その一)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。