雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

丁太師爺の御言葉

『不生事、不省事、不欺人、不譲人』


"事ヲ生ゼズ、事ヲ省カズ、人ヲ欺カズ、人ニ譲ラズ"


*個人的注解*
 生事とは悪い物事を引き起こす時に使われる言葉です。次の省事とは手間を省くこと、転じて便利なことをさす言葉でもあります。上の二句の意味を汲めば、無駄な揉め事を起こさず、それでいて手間を嫌がらず全ての物事に励む、でしょうか。ちなみに、上の句は中国語でも発音が殆ど同じで、韻を踏む意味でもとても好い組み合わせです。
 欺人とは、そのまま人を欺くという意味もありますが、この場合、力を以て他人を虐げる意味です。次の譲人は、他人に譲ることを意味しており、現代では比較的に好い意味でとらえられていますが、ここの場合では言いなりになることを意味しています。下の二句の意味を汲めば、他人を脅かさず、自らも脅かさせない、でしょうか。
 中国の北方、特に山東省は勇猛な気質の土地柄です。そんな中で素朴なこの言葉、肩肘を張らない生き方は衝撃的でもあります。この言葉を噛みしめるほどに、丁子成太師爺の激動の人生に想いを馳せてしまいます。そして、同時に林師父の人となりが脳裏に浮かびます。名利、いわゆる名誉と利益には、本当に淡白な方でした。力の抜けた飄々とした姿で、全ての物事を全力で着実に片付けておられました。まさに丁太師爺の御言葉通りの生き様であったと想います。



スポンサーサイト

六合螳螂門・六合蟷螂門・六合螳螂拳・六合蟷螂拳 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<バランスアカデミー 7月9日(土) | HOME | バランスアカデミー 6月25日(土)>>

この記事のコメント

先師丁子成先生のお言葉をいただき、感激です。

六合螳螂拳大好きです!
2011-07-05 Tue 21:13 | URL | のぶさん #-[ 編集]
書きかけで投稿してしまいました。
お恥ずかしい限りです。
2011-07-06 Wed 00:44 | URL | 片桐陽 #u6N1DTGI[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。