雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

六合の縁を辿って

下の2010年9月9日の記事中の写真は、
実は單香稜師爺のご子息と師爺の包頭のお弟子さんたちです。
包頭の叔父先生(師大爺)は、楊桐老師、杜金果老師、白存仁老師です。
この四方こそは、單香稜師爺の最後を看取り、火葬場まで付き添った方々です。

楊桐老師は、正確に言えば六合螳螂門の正式な門徒ではありませんが、
單師爺がその実力を認めた形意拳八卦掌の傳人です。
幼少から故郷の河北で形意を学び、長じて北京で駱興武先達(形意八卦門)に随い拜師門徒となり、
50年代以降は包頭に赴任し郭培雲先達(形意八卦門)に随われました。
日本からも80年代早期から数人の武術練習者がその類稀なる技を眼にしておられるようです。
單師爺と楊老師の御関係は、師爺のご子息が包頭に移住され当地での滞在時間増え、
師爺の義兄弟であった駱興武先達から楊老師に手紙でその旨を伝えられて以来とのことです。
また、同文中には單師爺に教えを請うようにとも書かれており、
楊桐老師は單師爺の教拳の補助役を兼ねながら学習をされたそうです。

杜金果老師、そして白存仁老師についてはまた項をあらためて書きたいと思います。

ytdjg.jpg

スポンサーサイト

私に関して | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「テイクダウン大全」(達人9巻) | HOME | 2010年8月 中国内蒙古包頭にて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。