雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「門戸之見」

中国武術の世界では、狭隘な考えの代表として「門戸之見」がよく挙げられる。
「門戸之見」とは、自らの師匠・門派に拘る考え方のことだ。
私はその挙げ方に強く反対している。
逆に「門戸之見」は絶対に必要だと考えている。

もちろん、手を交わしもせずに一方的に他派を罵る様な愚かな思想は必要無い。
自らを華美に飾り立て、耳に心地よい言葉だけを集める門戸もいらない。

ただ、他者を尊びつつ、自らの足で立つ為に、
師門を守る(師門に拘る)必要があるのだと思う。

師門を守るということは、単に師匠や門派に甘え、頼ることではない。
ましてや盲目に崇拝し、思考を他人に預けることでもない。
自らの血肉と時間、智慧、心情を以って、師門に働き掛けていくことだ。

そして、門はその人を得て、深く、そして更なる高みへと広がっていく。
強者でも弱者であっても構わない、
器用でも不器用でも構わない。
我々自身がそれぞれ門の内に何を築いていけるかだ。
もし門の外に遊ぶならば、何を持って帰ってこれるかだろう。
「一處拜師、百處学藝」は幹を定めた者の諺だ。

練拳の上での疑問も、その答えも門の内に求めなければならない。
外を知り、その上で生じる疑問とその答えすらも門に持ち帰るのだ。


移り気な自分自身への自戒も込めてこれを書いた。
スポンサーサイト

私に関して | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「レフリー、フェアプレー、そしてルール」 | HOME | IT技術って>>

この記事のコメント

 久々に来てみたら、素晴らしい言葉を目にすることができ感動しました。 師兄の言葉、心に響きました。痛いほど・・・ まだまだ自分は甘いのだと。 もっと頑張らなくては。
2008-12-14 Sun 00:38 | URL | かっしー #-[ 編集]
賢弟に書き込みしてもらえるとすごく嬉しいです。賢弟の功は私の水平より遥かに上だから、賢弟の言葉には私自身が恐縮してしまいます。これからも色々とご指導下さい。そういえば賢弟の学生募集の件はどうなったのですか? 何か御手伝いできることがあれば遠慮なくいってください。応援しています!!
2008-12-17 Wed 01:19 | URL | 片桐陽 #u6N1DTGI[ 編集]
明けましておめでとう御座います。
上記片桐先生の考えには全く同感です。 小生は外で出会った疑問も必ず門の中で
答えを見つけるようにしていますが、片桐先生は現在は自分で回答を探されている
のですか? 師兄等とも交流されておられるので、その中で答えを見つけ出すように
しているのでしょうか?
2009-01-12 Mon 12:21 | URL | kurenyan #ZKEs3CJw[ 編集]
kurenyan先生

明けましておめでとうございます。
先日の豊松会忘年会ではお会いできず、とても残念に思っておりました。
今年もどうかご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

実は、師父その人を亡くして以来、龍口にはまったく足を運べておりません。
師父からいただいた六合螳螂門の内容は、
本来数十年かけて構築していかなければいけないものだと想います。
一〇年未満という短期間の学習の為、私の中には誤解も浅解も多々あります。

師父の手臂、歩、身、勁、法、そして感覚を身体で追想しながら、
そして一時の功の進長に振り回されないよう、
自分を戒めながら進んでいければと考えております。
答えを限定しすぎないよう努めて練功しております。
2009-01-13 Tue 23:49 | URL | 片桐陽 #u6N1DTGI[ 編集]
はじめまして、じーと申します。
現在、大連市に住んでいるものですが、大連で良い武術道場(初心者可)ご存知でしたら、教えて頂けますか。
因みに、大連に引っ越してきて間もない為、中国語は殆ど喋れません。

2009-02-12 Thu 02:45 | URL | じー #-[ 編集]
じー様

はじまして!!
申し訳ございません・・・・。
忙しいのとシモ投稿で殆どチェックしておりませんでした。

さて、大連の武術道場ですよね。
うううううう~~~ん、難しいです。
というのも、大連には、好い老師、好い武術が沢山すぎます。
山東武術、河北武術、更には北京で流行した武術は殆ど揃っています。
じー様ご本人が何の武術をやられたいかだと想います。
ちなみに螳螂拳は梅花、太極梅花、太極、七星とほぼ全てあると想います。

日本には通背門の常松先生を始めとして多くの大連出身の先生がおられます。
それらの会に御問い合わせするのも手かもしれません。

ちなみに、武術の表演会を見つけて、そこで気に入った武術家に弟子入りするのもありです。
後は、各大学にはそれぞれ武術をやっている日本人留学生がおられますので、
その方々にお聞きするのも早いかも知れません。
休日の午前中の各公園を廻るのも楽しいですよ。
探すポイントは、自分自身が邪魔されずに練習するとしたら何処か?です。

幸運をお祈りいたします。

それでは。

片桐陽
2009-02-28 Sat 15:51 | URL | 片桐陽 #u6N1DTGI[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。