雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ついに登場!! 『達人への道』!!

tatsujinhenomichi.jpg

元『武術』編集長村上正洋先生と武術ライター野村暁彦先生による新刊が遂に登場です。
タイトルは『達人への道』、ベースボールマガジン社様からの出版です。

内容は、武壇日本分会大柳先生の雄渾なる功夫から始まり、
各種練習法をテーマに様々な門派の老師が登場します。

私は螳螂門の人間ですので、どうしても螳螂拳の記事に注目してしまいます。
今回はなんと、台湾在住の施政忠老師と日本在住の冨樫泰行先生の二本が収録されています。
螳螂拳フリークとしては嬉しい限りです。

実は、冨樫先生については私がお願いして取材していただきました。
去年、『J Kungfu』に協力させていただいていた際に、
陳氏太極門の安田先生と石堂先生から冨樫先生をご紹介いただきました。
本来は『J Kungfu』第二号の誌上にもご登場いただく予定でしたが、
残念ながら諸般の事情(詳しくは私も知りません)で果たせませんでした。
螳螂の名流を継ぐ名師をあのまま野に埋もれさせるのは、
日本の武術界にとっても大きな損失だと思います。
それで今回、是非にとお願いいたしました。

冨樫先生は御人柄、功夫共にとても優れた老前輩です。
冨樫先生の門の発揚光大を強く強く願っております。

この本の売れ行き次第では、二号三号と継続する可能性もあるそうです。

皆様、是非是非一冊御購入ください!
スポンサーサイト

お知らせ・イベント | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<バランスアカデミー 08月24日(日) | HOME | バランスアカデミー 08月10日(日)>>

この記事のコメント

本を読んでしまったので メールしてしまいました。失礼!
富樫さんは良いですね。学生さんがいないのは もったいないです。同門のAさんやOさんは ご存知なんですか?
台湾の施先生の記事も勉強になりました。けっこう画期的なのでは?
2008-08-17 Sun 10:40 | URL | AG #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。