雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

一点凝視

われわれ武術を学ぶものには、狭くそして深く追求する姿が求められている。
だからといって世の中に対する視界を狭めてはいけない。
師父の姿を見ていてよくそう思った。
けっして都会の様に溢れる情報の中に居られたわけではないが、
いつも最後を締める言葉は、自信、やさしさ、そして人生への哲理に満ちていた。

失って、そして自らが社会で経験して始めて心に響いた言葉も沢山ある。
礼儀や作法仕来りといったものより、人付き合いでの信義を大切にされていた。

人を介してでしか傳わらない存在、それが武術だと思う。
間接的直接的どちらにせよ、単なる技術交換を越えて、人としての感化がある。

やさしさは、師父にとって弱さやだらしなさの隠れ蓑ではなかった。
きびしさ、人としての強さこそが、やさしさの裏面であった
ブレイブという言葉、華美という意味を抜けば、一番師父に似合っていた様に思う。
たしかに、私にとって師父は勇者のような存在であった。
スポンサーサイト

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<自然の運行に則して | HOME | 追悼王菊容老前輩>>

この記事のコメント

今日ようやくネットカフェで拝見してます。
これ主題と内容にあまりにもギャップがあって「秘伝一点凝視談話会」の方はコメントできないと思います。
コメントではありませんが、先生の存在は思い返せば本当に大きいですね。山東で行く先々で歓迎していただいたりや今回秀遠先生が持ち上げてくれているのも師父のおかげですからね。
仰る通り技術面以外の所で大きくお世話頂いているのかもしれません。
また一点凝視談話会やりましょう。今度は年末ですか?hetianさんも火がついて燃えているようですから。
2006-08-27 Sun 12:17 | URL | 不機嫌な天使 #2x.LPFvg[ 編集]
広い視野と深い探究心を持たれている方だからこそ、出てくる言葉やその行動に重みが出てくるということなのですね。
ただ、言葉ややさしさは、受け取る側の感じ方によって、その意味が変わります。
班長様の受け取り方もまたすばらしいです。
2006-08-27 Sun 19:17 | URL | まめや #-[ 編集]
 「やさしくて強い人になれ」
高校卒業時に学年主任の先生が私へ送ってくれた言葉です。

班長様の文章を読み返すたび、恩師の一言が胸に響きました。今改めて、気付かされた感覚です。

2006-08-28 Mon 00:23 | URL | Kura #-[ 編集]
天使先生、皆様!
書き込みありがとう御座いました!
このまま空振りかと心配でした。
内容のほうはギャグではありませんでしたので、
やはり気づきにくいですね。
2006-08-30 Wed 20:09 | URL | 片桐陽 #u6N1DTGI[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |