雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

河北形意門 藩老前輩

p1.jpg
三合劍の用法を示範

技を受けているのは大嶋睦弥氏。

藩老前輩は郭雲深師祖の系統を継ぐ河北形意門の前輩です。
99年に趙玉祥老師より御紹介をいただきました。
藩老前輩はかつて單香稜師爺に随い武藝を学ばれたこともあります。
六合螳螂門から見ても、私にとって前一輩の老前輩です。
藩老前輩は民間に埋もれた本当の達人でした。
中国各地にはこのような名を世に隠された達人たちが今も無数に居られます。
雑誌などに載る綺羅星のような名師たちももちろん好いのですが、
私は藩老前輩のような黙して語らず門を支え続ける前輩に大いに心をひかれます。
(ご承諾戴いていないので老前輩の名前は伏せさせていただきます。)

他にも数葉の写真がありますが、敢えてこの写真を選びました。
今回は劍術を研究している拳友たちにプレゼントのつもりで公開しました。(笑)
是非、研究材料にしてください。
スポンサーサイト

老前輩・老師・朋友 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<拳友の門出を祝いて | HOME | 太極梅花螳螂門 姜沂老師 (その二)>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-03-05 Sun 15:05 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-03-08 Wed 23:17 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |