雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

同好の士、遠方より来るあり

先週末、名古屋から佐野氏が来京されました。
佐野氏は研究会の中で六合螳螂を専門的に学習されている数少ない同好の士です。

今回の来京では、僭越ながら六合の実技指導を私が担当させていただきました。市川の練習会にて、市川を主管する日野師兄にお許しをいただき、別メニューという形で会場の一部を借りて二人で六合の研究をしました。

その後、夜は未明まで私の自宅にて人生について有益なアドバイスをいただきました。佐野氏は年齢自体、私と二周りも違う、人生の大先輩です。

六合螳螂は華やかさに欠ける分、気の早い方や体力の有る方には受けが良くありません。佐野氏の様にじっくりと武術に取り組んでいただける方には最適です。

師父の写真や映像を見ながら、佐野氏とさまざまな角度から研究しました。それぞれ人によって気付き、そして学び取る部分は違うものだなと、非常に納得し、大いに勉強になりました。

名古屋でも六合の研究仲間が増えるといいですね。
東京ではさっぱり増えません。(笑)

スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<太極梅花螳螂門 姜沂老師 (その二) | HOME | 武器術研究、事始め>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。