雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

母なる拳、『三錘』

六合螳螂拳の基本功に「三錘」がある。
その名のとおり連続する三回の突きを行う拳勢である。
その動作は非常に単純なものでありながら、
私の学ぶ一門では「母拳」の別称で讃える重要な單式でもある。

六合の思想と原則が理解されれば、
門の大半(拳理、リズム、角度等)をこれだけで学ぶことが出来るという。

龍口傳單香稜師爺系では、
始めに馬歩や坐山鶏歩(三七歩)の定歩での練習があり、
続けて七種類の練法を学ぶ。

① 進歩三錘 
② 進退歩三錘
③ 順歩三錘 
④ 拗歩三錘
⑤ 龍形歩三錘
⑥ 上三錘
⑦ 下三錘。

拳理の理解のため対練も行う。
スポンサーサイト

六合螳螂門・六合蟷螂門・六合螳螂拳・六合蟷螂拳 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<雑感 | HOME | 在りし日の林基有師父>>

この記事のコメント

三錘は・・・深い。本当に大切なものが凝縮されてるように感じます。今でも、今後も、御蔭を頂いております。感謝!
2006-02-22 Wed 10:44 | URL | いよQ #-[ 編集]
伊與久師兄:
三錘は・・・難しい。というのも本当の実感ですね。私はまだまだ理解が足りていません、そのうち色々と教えて下さい。
2006-02-22 Wed 19:44 | URL | 片桐陽 #u6N1DTGI[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |