雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

意拳門 六合八法門 張長信先達

20060110175824.jpg

スポンサーサイト

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<劈掛通臂門 曹晏海先達 | HOME | 査拳門 于振声先達>>

この記事のコメント

張長信先達

この間、尹与久さんが上海に来られた時に、ご子息の張小元老師にお会いしました。

初めて見る(VCDや書籍以外で)六合八法拳は、太極拳の様に柔和で、それでいて手法は形意拳の様な剛健さも感じさせる。
不思議な風格でした。

張小元老師ご本人は、今は年齢を重ねられ、また内家の修練のせい!?もあって、一見、性格穏やかな印象を受けましたが、言動や気配から、明らかに“武闘派”な感じがヒシヒシと伝わって来ました(笑)

張小元老師が、「心と意、心で想った事を意識として身体の外に現すのだ。」と套路を打つ時の要訣について述べられていましたが、成る程、今、自分の査拳は、張老師の仰る様に、ちゃんと意識が体現されているのだろうか?と……。また、その様に練習する事の難しさを改めて、提醒させられました。

尹与久さん、翌日、張老師家での餃子パーティ如何でしたか!?

2006-01-12 Thu 21:33 | URL | 査迷児 #-[ 編集]
大島君、上海では色々お世話になりました。
張老師のお宅には、大勢で伺ったのですが、食べきれないくらいの料理で、とても豪勢に歓待して下さいました。
心意気と義侠心を重んずる、北方の武術家のお宅といった感じでしたね!
老照片をずいぶん見せていただきましたが、往年の名家は、皆さん柔らかな中に一筋通ってるものがあるんですね。
老西門付近のあの辺りの老房子も、来年には取り壊しになるという事。
長信師爺の教拳されていたロンタンは、歴史建築で残されるかな・・・??というところらしいです。老上海は夢の彼方に、という日も近いのかもしれません。寂しいことです。
2006-01-16 Mon 14:58 | URL | イよQ #mQop/nM.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。