雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

査拳門 于振声先達

yzs.jpg

スポンサーサイト

その他 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<意拳門 六合八法門 張長信先達 | HOME | 楊氏太極門 李雅軒先達>>

この記事のコメント

なっ、なんですか!これわっ!!

于振声先達の「月牙鏟進槍」でわ、でわ、ないですかっっっ!!

と言うか、有る所には、あるのですね資料って…。

馬歩が外八字なのがポイントですかね…。
そ~言えば、王子平も五路査拳の中で馬歩架打が心持ち外開きでしたね……。
査拳って熟練していくと、だんだん、そういう風格になるのかな!?

ところで、月牙鏟って、査拳の兵器としては一般的なのでしょうか?あまり聴いた事ない様な…。
それに西遊記の沙僧や水滸伝の魯智深の影響からか、佛門の兵器というイメージがあります。
でも、王子平も月牙鏟持って、金鶏独立で立っている写真有りますし…、でもって、于振声とは師兄弟って事は、ひょっとして楊鴻修伝ですか?
謎です……。

しかし、イスラムの象徴も三日月ですから、その辺りが、この機械が査拳士に愛されている理由だったりして。

資料と言えば、アメリカのMGMという会社が撮ったという、張英振対王子平の「大刀進槍」も絶対!!見てみたいです。



2006-01-12 Thu 22:16 | URL | 査迷児 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。