雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

孫[月賓]門  楊鈞韻師祖 (楊明齋師祖?)

yjd1.jpg

『國技大觀』より抜粋 十八位名師之一
本書に記載されたプロフィールにより楊明齋師祖に間違いは無いと思われる。
馬良将軍の武術傳習所にて教授されていた頃の雄姿である。
スポンサーサイト

その他 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<民国年間 河北査滑門 馬雲龍先達馬玉昆先達 | HOME | 査拳大師 何玉山師祖 (何福生先達之祖父)>>

この記事のコメント

おおおおおおお!!!!!!(第二段)
そして楊明斎大師。
しかも、馬良将軍の伝習所に在籍していた頃、というと青島で孫(月賓)拳を広める前の楊明斎の姿がここに!!それどころか拳術の架式を取っている!!!しかも蹲歩中極式でっっっ!!!!感激です!!!!!
この頃には、もう既に孫(月賓)拳の形がハッキリ作られてますね。当たり前ですか…!?
右拳の向きと目線が興味深いですね…それとも掌!?で実は退歩砍腓式なのかな!?
スミマセン……自分で区別して練習出来てないのがバレバレですね…(冷汗)

2005-12-21 Wed 00:56 | URL | 査迷児 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |