雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

査拳大師 何玉山師祖 (何福生先達之祖父)

hys.jpg
『國技大觀』より抜粋 十八位名師之一
スポンサーサイト

その他 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<孫[月賓]門  楊鈞韻師祖 (楊明齋師祖?) | HOME | 通臂門 張策先達 (その二)>>

この記事のコメント

おおおおおおおおおお!!!!!!!!!
つ、ついに出してしまいましたね。
何玉山大師
何福生老師の御祖父という事は、つまり下手すると張其維や楊鴻修と同世代くらいですね。同じ査拳門なら交流があったかも…。
写真の架式では、あまり舒展という印象は受けませんが、抱拳の置き方とか見ると、力は強そうですね。摔角は間違いなく強いでしょう。またガッシリして見えるのは大槍術を練習していたからでしょうか!?
2005-12-20 Tue 23:48 | URL | 査迷児 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |