雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

六合螳螂拳とは

最近、ウチの学校の学生さんが何人か見に来てくれているようです。
こんなマニアックなブログをよく見つけたものです。
なんとも面映いことです。

さてさて、幾人かの学生さんから声がかかりました。
曰く、漢字が読めません。
曰く、読んでも中国語が多くて意味がわかりません。
曰く、先生って何者ですか。

・・・・・・・たしかにそうですよね。


ではでは少し説明をば。

「螳螂」、「蟷螂」は「とうろう」と読みます。
螳螂は草むらで見かける、あのカマキリのことです。
(個人的に「螳螂」の字の方が好きなので私はこちらを使っています。)
螳螂拳とは、カマキリをシンボルとした中国武術の一つです。

私の修練している六合螳螂拳とは、中国山東省の龍口近辺に伝わる伝統武術です。
螳螂拳の一派として知られ、頭に六合の二文字を冠しています。
近代に金葉そして魏三と言う人物を経て成立したものだそうです。
私は、金葉師祖から数えて六代目の林基有老師に弟子入りして、この武術を学びました。
林老師は農村で黙々と技を磨く無名の達人でした。
はじめの数年間は年に一度訪中し、その後の留学期間は老師の家に住み込んで修練しました。

ちなみに、伝承者としての立場こそ許されましたが、私自身が特別強くなったわけではありません。
柔道をやれば柔道強者には面白いように投げられますし、打撃のスパーをやっても同じことです。
ただ、この武術には興味深い思想と練習方法が伝わっています。
これを楽しみながら一生かけて修行していきたいなと考えています。


と、こんな感じでしょうか。
これからもわかりやすい文章を心がけていきたいと想います。
スポンサーサイト
私に関して | コメント:9 | トラックバック:0 |
| HOME |