雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

「レフリー、フェアプレー、そしてルール」

武術が想定する戦いと現代武道との違いは、レフリーの存在とフェアプレーだろうか。
武術の世界でも戦いにおいて、レフリー役として見分役や立会人をおくことがある。
しかし実闘の場では、その見分役・立会人ですら中立ではないことが多い。
むしろいつ襲い掛かってくるか分からない相手だろう。
それ故、武術はそのような相手の前では、絶対に死力を尽くして闘ったりしない。
勝敗の判断、勝負を止める判断も一方的にレフリー役の人間にあずけたりはしない。
そもそも技術を全て見せるようなこともしない。
周りの環境と共に、レフリー役の人間をも常に意識を置き、情報収集を怠らない。

フェアプレーについても同じことが言える。
公明正大に相手と向き合い、技を応酬し合うことは、
武術においては、むしろ忌むべきことだ。
互いに胸を貸し借りし、技術をぶつけ合うのは、
自らの一門の中(道場の中)か仲間同士で行なうことだ。
武術の世界では、物理的な接触の前から、大いに策を弄し、
如何に一方的に勝負を終わらせるかが重要となる。
この勝負の終わらせ方も大切なポイントだ。
フェアであることは見た目上の勝負が終わった後の、勝者の特権だ。
現実の世相や国際社会を見ても、日本人(私自身も含む)は、
フェアプレー・公明正大・正々堂々とした戦いに幻想を抱き、
あまりにも囚われすぎているのだろう。

上記の話の流れに、
武術の世界はルール無用ですよね、と人から訊ねられる事がたびたびある。
この部分は勘違いをしてはいけないと思う。
確かに、中国(武術)の戦いに対する考え方は、その場のルールに拘泥することなく、
事前に情報戦や暗闘、政治力等を出来る限り使って策を施し、
如何に自分に有利な様に戦いを収めるかにある。
但し、上達の途上においては、ルールは厳格に存在している。
これはある先輩の方に啓発を受けた考え方だが、
「何事においてもルールが無ければ技術は上達しない」のだ。
制限・制約を加えてこそ、技は磨かれる。
問題は武術ではルールが多層であり、やや複雑に設定されていることだ。
一貫した考え方は必要だが、初学者と上達者、個人と集団、徒手と武器ではやはり異なる。
更には、目的や段階によっても大きく違うのだ。
ここを充分に理解しなければ、ルール無用という誤解に自分自身で前途を狭めていくこととなる。

スポンサーサイト
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |