雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一点凝視

われわれ武術を学ぶものには、狭くそして深く追求する姿が求められている。
だからといって世の中に対する視界を狭めてはいけない。
師父の姿を見ていてよくそう思った。
けっして都会の様に溢れる情報の中に居られたわけではないが、
いつも最後を締める言葉は、自信、やさしさ、そして人生への哲理に満ちていた。

失って、そして自らが社会で経験して始めて心に響いた言葉も沢山ある。
礼儀や作法仕来りといったものより、人付き合いでの信義を大切にされていた。

人を介してでしか傳わらない存在、それが武術だと思う。
間接的直接的どちらにせよ、単なる技術交換を越えて、人としての感化がある。

やさしさは、師父にとって弱さやだらしなさの隠れ蓑ではなかった。
きびしさ、人としての強さこそが、やさしさの裏面であった
ブレイブという言葉、華美という意味を抜けば、一番師父に似合っていた様に思う。
たしかに、私にとって師父は勇者のような存在であった。

スポンサーサイト
その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |

追悼王菊容老前輩

『上海武術界の華』『回族査拳門の女流名師』、王菊容老前輩がお亡くなりになられた、との情報が入りました。2005年12月25日御逝去されたとのことです。老前輩はアメリカ・ヒューストンの御自宅にて、眠るように安らかに旅立たれたとのことです。

王菊容老前輩は、近代の武術名人、『千斤大力士』王子平先達の御愛娘です。査拳門の拳械、弓術、ShuaiJiao、石鎖等を父より受け継ぎ、新中国建国後の武術事業発展に御尽力されました。晩年はアメリカに移住され、中国武術の世界発展に貢献されました。

思い起こせば、啓蒙の恩師根本一己先生より、一番始めに手ほどきをいただいた中国武術は十路弾腿でした。また師兄弟、師姐妹が査拳門の徒手套路や拳術二十法などを根本先生より教えを受けている姿を数多く見てきました。本門は螳螂門におく我々ですが、根本先生が王菊容老前輩から受け継いだ技は、今や我々の血となり肉となっています。本来、師Nai(師爺輩の女性の呼称)と拜さなければいけない御方です。

私自身は、2000年の上海で催された武術博覧会において、王老前輩に初めてお目に掛かりました。私が根本先生の学生であることをお伝えすると、非常に喜んでくださいました。根本先生の安康を問うお言葉と回憶を口にされ、徒孫輩である私や大嶋弟に温かい励ましの言葉を掛けてくださいました。本当に忘れられない想い出です。

当たり前かもしれませんが、人は誰しも歳をとり、寿命を迎え、世界も変わっていきます。しかし、平均寿命が延び、しかも病院で死ぬことが当たり前になった昨今、その当たり前が、当たり前のことではなくなってきているのかも知れません。本来、われわれ藝を学ぶ者こそ、死が身近にあることや儚さというものを強く認識しなければいけないのでしょうね。藝とは、変わっていく世界に揺るぎない姿を築き続けつつ、変わらない風景の中に失われていく姿を惜しみ求めていくことなのかもしれません。古人が詩に詠んだ、「年年歳歳花相似、年年歳歳人不同」というのは、そういう意味もあるのかもしれませんね。

謹んで王菊容老前輩の御冥福をお祈り申し上げます。

関連ニュース;
http://ezine.kungfumagazine.com/magazine/article.php?article=653
その他 | コメント:3 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。