雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

恩師の吉日を祝いて

7月27日、今日は恩師の生日にあたる。
縁というもの、人との出会いとは本当に不思議なものだと思う。
師と出会う前には現在の自分の姿は想像できなかったし、
またその頃進もうと目指していた方向ともまったく違う。
単なる結果の善し悪しではなく、出会いの中で影響を受け、
そして自分自身が選び変わってきた姿に世の面白さを感じる。
本当に感謝しても仕切れないものがある。

幾分か前の話だが、「リトル・ブッダ」という映画を見た。
映画の出来不出来や宗教的な方面に関しては専門外であり、
しかも私自身大いに世情に疎いので分からない。
しかし中の場面、設定に非常に興味を覚えた。
所謂、生まれ変わりを描いた部分だ。
映画に出てくるチベットの高僧は、
生まれ変わったはずの自分の師を探して西洋にまで訪れる。
うろ覚えだが、
その後、仏陀の説話と絡めながらストーリーは続き、
生まれ変わりの候補者が、
主人公である西洋人の男の子と合わせて三人現れ、混乱し、
最後にはそれぞれが師の生まれ変わりだと正式に認定される、
というものだったと思う。
興味のある方は是非レンタルビデオ等で直接確認していただきたい。

弟子が生まれ変わった自分の師を探し求め、見つけ出し、導く。
これは平均寿命が短い土地、しかも一生涯を掛ける師徒関係の世界では、
案外普遍的な感覚なのかもしれない。
確かに、生まれ変わりという感性は現代科学には相容れない。
しかし傳承とはこういったものなのかもしれないと思う。
師が弟子を見つける、それは単なる技術の教授以上に、
弟子の中に自分の師の姿を探すことに他ならないのかもしれない。
林基有師父は徒弟たちに單香稜師爺の風格を求められた。
私自身、もしいずれ誰かに武術を傳えるならば、
その姿の中に林師父や根本先生、多くの老師たちの姿を探すだろう。
姿を見出し、そして育て、導く。
そう考えれば、作中で描かれた生まれ変わりとは傳承そのものだ。
門とは本来そうやって傳えられていくものではないだろうか。
銀幕中の死期迫った高僧は最後に三人に微笑み話す。
「つぎはあなたたちが私を探してください」と。
私も一生を掛けて、師父、そして恩師の姿を探していこうと想う。

恩師の生日に際しふと色々な想いにとらわれた。

師の生日を祝して、

   生日快楽!

スポンサーサイト
私に関して | コメント:1 | トラックバック:0 |

Face to

本当の傳承の中には余計な言葉は無い。
そもそも技藝において、いたずらに言葉を玩ぶべきではない。
あくなき反復を通じ明確な意識の構成を志し、
門の思想を実現しうる身体・動きの完成を目指さなければいけない。
もし言葉があるとすれば、思想を端的に示す字訣か、
体感と感性を顕す言葉、上達に導くための一言だけだ。
そしてそれらさえも絶対では無い。
そもそも感覚は本来個人のものだ。
導くための言葉は師徒の限られた密接な関係においてのみ意味をなす。
言葉は結局十人十色を求めることになる。
しかも言語は日々発展変化する。
同じ言葉であっても、内涵されるものは土地・時代によって違う。
中国武術を学ぶ、外国人としての我々は余計に気を付けなければいけない。
発生した土地から離れ、無理に言葉の感性を理解しようとすれば、
出口のない迷路に入り込むことになる。
それ故、安易な定義付けを示すべきではない。
緻密すぎる理論は実技から乖離する。
古拳譜は尊重されるべきだが、
どの門派においても理論の殆どが古典文献からの引用であることを知るべきだ。
動き、身体、思想がはじめにあることを忘れてはいけない。

また、
武術を求めるのに、手品師である必要はない。
手品師になれるだけの工夫と修練が必要なだけだ。
不思議や神秘を求めるべきではない。
不思議や神秘とまで感じさせる動き、
それを示せるだけの修練が求められているだけだ。
人を惑わすことを望めば、気づかないうちに自らも惑わしていくことになる。
たとえ修行の上、磨かれていく感覚が不可思議を示しても、
それはあくまでも副産物でしかない。
真っ直ぐに武術に向き合い、
真っ当に積み上げていくことだ。
もちろん向き合う姿は人それぞれでかまわない。
ただ、どうしても武術が示している道を目指せないなら、
武術以外のものを探すべきだ。

私に関して | コメント:1 | トラックバック:0 |

マニアックのものはマニアックへ

雲游拳房BLOGと武術MANIAな部分を切り離すべく試行錯誤中です。
とりあえず『武藝大世界』としてマニアHPを作ってみました。
なるべく資料館や図書館の様に、
マニアな方々が気軽に利用できるスペースにしたいです。

後輩有礼、各位前輩請!
武術マニア界の大先輩の方々の御光臨もお待ちしております。

まずは個人的に縁のあった形意門を先に手を付けてみました。
もちろんまだまだ未完成です。
私の本門の部分は公開しておりませんが暫時構築していく予定です。
HPを作り始めたはいいが、膨大なものになりそうで少し挫けそうです。

画像掲示板も設置予定です。
好い写真資料等がありましたら是非アップしてください。
その他の資料の情報もお待ちしております。

できれば御感想やアドバイスもお願いします。

こちらからどうぞ。
[URLを削除いたしました。]
私に関して | コメント:2 | トラックバック:0 |

その名の下に

色々と想うところがあり、独りでやっていくことを決めた。

勿論、だからといって師との関係を変えるわけでもなく、
また自分自身で新たな会派を起ち挙げようという考えもない。
ただ時期が来たのだと感じている。
今は寂しいような爽やかなような、妙な心の静けさだけがある。

その名に集い、その名を頼り、その名に想いを托し、その名を誇りにした。
その名に何かを求めるのではなく、何が出来るかを考えてきたと想う。
しかし自分の中にいつの間にか出来ていた乖離を、
いまや無視できなくなってきたことも事実だ。
その名と共にあった歳月を想えば、ただひたすら感謝の一語につきる。
本当に幸せな日々であった。
季節が移ろうのは自然の理だ。
またいつかふたたび季節が廻りくるだろう。

そのときの笑みのために、
雲游拳房主宰、そして螳螂門の一門人として功を粛々と積んでいこう。

私に関して | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。