雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

螳螂門最高輩分 米卓福老前輩

m1.jpg

99年当時の写真です。写真右が米卓福老前輩。

梅花系螳螂門の最高輩分(99年当時)、米卓福老前輩です。米老前輩は修坤善師祖(梁学香師祖之徒)に螳螂門を学ばれています。王啓増老師の御紹介で、留学中に数回拜訪させていただきました。遠方から来た私たちのために90歳の御高齢で徒手の数手、双鈎や劍を打ってくださいました。

05年に山東を再訪した際、数年前に既に御逝去されたことを人伝にお聞きしました。本当にとても残念です。

写真中で米老前輩の後ろに控えているのは大嶋睦弥氏。武林の礼儀、そして「敬う」という素朴な心から出た自然な行為、これは洋の東西を問わずどこでも同じですよね。大嶋氏はこの良徳を具えているので、門派を超えて老前輩たちから大いに愛されます。私自身を含めて、藝を学ぶ者すべてが範とすべき姿です。

左奥に澤田容子女史、家内(結婚前)がいます。(笑)

今回の旅行で御一緒した方々は写真中の周りの雰囲気がつかみやすいのでは?
スポンサーサイト
老前輩・老師・朋友 | コメント:2 | トラックバック:0 |

河北形意八卦門 墨建章老前輩

mjz1.jpg

田鴻業先達(李存義師祖之徒)の山東青島の高徒、墨建章老前輩。
河北形意拳五行之首、劈拳の勁を示範。
老前輩・老師・朋友 | コメント:2 | トラックバック:0 |

六合螳螂門 馬翰清師伯

img232.jpg

95年夏、北京の馬翰清師伯宅にて
老前輩・老師・朋友 | コメント:2 | トラックバック:0 |

太極梅花螳螂門 曲滋君老師

qzj1.jpg

97年大連にて
老前輩・老師・朋友 | コメント:2 | トラックバック:0 |

太極梅花螳螂門 姜沂老師 (その三)

jy3.jpg

赫恒信先達の得意武器、大鎗術を現代に受け継ぐ姜沂老師。
長兵技術の基本の相対練習をつけて頂いているところです。
山東煙台武術界の御長老の御一人です。
老前輩・老師・朋友 | コメント:5 | トラックバック:0 |

六合螳螂門 于法元師叔

yfy.jpg

yfy2.jpg

單香稜師爺門下の老前輩です。黒龍江省ハルピン市在住です。
趙玉祥老師の御紹介で拝見し、97年大連、99年ハルピンで御指導していただきました。
教授いただいた内容は六合螳螂門(套路、散手)、少林拳(老七)、六合刀、流星錘。

97年大連では伊與久師兄、谷口師弟、田中師弟、片桐の四名が御指導を受け、
99年ハルピンでは澤田女史、大嶋氏、片桐の三名が御指導いただきました。
老前輩・老師・朋友 | コメント:8 | トラックバック:0 |

河北形意門 藩老前輩

p1.jpg
三合劍の用法を示範

技を受けているのは大嶋睦弥氏。

藩老前輩は郭雲深師祖の系統を継ぐ河北形意門の前輩です。
99年に趙玉祥老師より御紹介をいただきました。
藩老前輩はかつて單香稜師爺に随い武藝を学ばれたこともあります。
六合螳螂門から見ても、私にとって前一輩の老前輩です。
藩老前輩は民間に埋もれた本当の達人でした。
中国各地にはこのような名を世に隠された達人たちが今も無数に居られます。
雑誌などに載る綺羅星のような名師たちももちろん好いのですが、
私は藩老前輩のような黙して語らず門を支え続ける前輩に大いに心をひかれます。
(ご承諾戴いていないので老前輩の名前は伏せさせていただきます。)

他にも数葉の写真がありますが、敢えてこの写真を選びました。
今回は劍術を研究している拳友たちにプレゼントのつもりで公開しました。(笑)
是非、研究材料にしてください。

老前輩・老師・朋友 | コメント:2 | トラックバック:0 |

太極梅花螳螂門 姜沂老師 (その二)

jy2.jpg
乱接連環劈の一手を示範

左側に居られるのは姜老師の徒、陳涛老師。
技を受けているのは私、片桐です。

色々な情報が写真から読み取れますよね。
普通の演武写真以外を出したくないのもそれが理由だったりします。
一応、少しづつは公開していく予定です。
(予定は未定です)


老前輩・老師・朋友 | コメント:1 | トラックバック:0 |

太極螳螂門 張發祥老前輩(その三)

姜沂老師の武館で練習していた冬のある日のこと、
眼光の鋭い一人の高齢の客人が現れた。
武館の扉を開け、言葉も発さずにその身を入れると周りを睨みつけた。
座っている姜老師を見つけると、つかつかと近づき指を姜老師に突きつけ、
語気荒く問い詰め始めた。
客「姜沂よ、聞くところによると、最近日本人に武術を教えているそうじゃないか!
  お前は何を考えている!あの戦争を忘れたのか!」
姜老師がかすかに私に目配せをすると、立ち上がり、
その客人の背に手を置き、なだめながら太師椅子の一脚を勧め、座らせた。
姜「もちろん忘れちゃいないさ。だが昔とは違う、もう時代も変わった。」
そして振り返り私を指差した。
姜「その子がその日本人だよ。」
客「・・・・・。」
姜老師は腰掛けると、私に向かって手を招いた。
姜「片桐!何をしている!客人に早くお茶をお入れしなさい。」
そのまま客人を示し言った。
姜「彼は私の古くからの友人で、やはり螳螂門の人間だ。」
お茶を注いでいると、姜老師が私を紹介してくださった。
姜「この子は片桐陽といい、日本から螳螂拳を学びに来た。」
客人は鋭い眼光で頭の上から下まで切りつけるように私を見ると、
厳しい表情のまま一言も発さず姜老師に向き直った。
仕方なく、私は礼を失わぬよう一歩退き直立不動で侍っていると、
御二人はそのまま共通の友人の消息や近況を静かに話し始めた。
数十分が過ぎ、姜老師が話を止めチラッとこちらに視線を送ると、
その客人は少しだけ表情を緩めながら、私の方に振り返り聞いた。
客「螳螂拳を学びに来たそうだね。日本では何か学んでいたのかね?」
片「太極螳螂拳と六合螳螂拳を少しだけ学びました。」
客「太極螳螂拳?・・・太極螳螂拳をかね。・・・ではやってみなさい。」
姜「遠慮してはいけない。日本で学んだものをしっかりと打ちなさい。」
片「お恥ずかしいレベルですが、では。」
武館の中央に立ち、根本先生より学んだ乱接拳を打つ。
客「うんっ、確かに太極螳螂拳のものだ。それを一体誰から学んだのかね?」
片「日本の先生からです。」
客「彼は中国人、いや山東の人間かね。」
片「いえ、日本人です。名を根本一己と申します。」
客「日本人!?では彼はそれを誰から学んだといっていた?」
片「王元亮師爺です。」
客「なにっ王元亮!王玉山の次男の王元亮かね。」
片「はい。」
客「おおっ、間違いない。確かにいまお前が打ったのは間違いなく王玉山の乱接拳だった。
  われわれは本当の同門だよ。片桐陽、近くに来なさい。」
客「私の名は張發祥という。私は初めに崔壽山老師につき螳螂拳を学び、
  その後彼の弟子たちから続けて学んだ。やはり太極螳螂門の門人だ。」
それまでの厳しい表情を一変させ、口元を綻ばせた。
客「お前の師は日本人だといったが、お前の演武からでもお前の日本の師が、
  正統なものを学んだことがわかる。そうか王元亮の徒弟か。」
しかしまた表情を沈ませ、しばしの沈黙の後、ゆっくりと口を開いた。
客「ひとつだけ先に聞いておく・・・・、
  お前は学んだ武術を以って中国人を打たないと誓えるか?」
片「えっ。」
客「どうだ、誓えるか。」
片「はいっ!もちろんです。」
客「・・・・・・・、ではお前に少しだけ指点を与えよう。よいかな、姜沂よ?」
姜「よかったな、片桐。お前は本当に幸運だぞ。」
片「あっ、ありがとうございます!張老前輩!」

*大分長文になってしまいましたが(笑)、これが張發祥老前輩とのファーストコンタクトでした。たぶん古くから中国で武術を学んでいる方は似たような経験を少なからずお持ちだと思います。反日感情のことが言われて久しい昨今ですが、これほどはっきりとそれに遭遇したのは私にとって初めてでした。今回張前輩との出会いをあらためて文章にしてみて、いままであまり認識していなかった姜老師の機転気配り心意気に深く感動してしまいました。本当に素敵なやさしい老師ですね。ちなみに姜沂老師は太極梅花螳螂門、張發祥老前輩は太極螳螂門。梁学香師祖以降分かれた派のそれぞれ後代です。
老前輩・老師・朋友 | コメント:0 | トラックバック:0 |

王啓増老師

wqz1.jpg
98年煙台、左からGiovanniMattei師兄、王啓増老師、片桐

老前輩・老師・朋友 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。