雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2016 夢想妄想

40代も半ばにさしかかり、いろいろなことを夢想妄想しております。

その①「中国武術学会」
この数年間、中国武術(中華武術)の学会が設立できないかを考えています。
日本には現在、表演から伝統、実践から健康と幅広いジャンルの中国武術が伝わっています。これまでに蓄積された経験や研究は他国に引けをとらないものと思います。学術的な整理がなされてしかるべきものがあると考えています。
学術活動である以上、取り扱うべきは個人の自慢話であってはならないし、ましてや先人の勝った負けたを語る場であってはいけないと思います。研究には、批判や討論は必要でも、単なる個人攻撃に堕さない姿勢が必要かと考えます。
また、社会環境や人物を明らかにし、とくに歴史や伝承を捏造することは厳に戒めるべきことと思います。

その②「中国武術資料館」
もう一つは中国武術資料館の設立です。
これを思いたったきっかけは、収集した武術資料の行方について、いろいろな先輩がたとお話しする機会が多くなったからです。その流れからか、近年、年長の先輩がたから武術資料を譲り受けることも増えてきました。
今は私がそれぞれ目録をつくり、引き受けることができます。しかし、私も例に漏れませんが、自分の子ども世代は大概、武術に興味を持っていません。貴重な資料も含めて、読み人をなくせば、単なる紙切れとなってしまい、散佚は免れえません。
やはり公的で、しっかりとした管理のできる施設が欲しい気がいたします。
資料の一般的な行方には、古書店などもあります。しかし古書店の方々は商業的な価値を基に買取、販売されているかと思います。資料の価値はやはり直接関わる人間以外にはなかなか解りえないものです、私自身、一枚の書きつけ、一句の文章や一葉の写真の為だけに購入した書籍、伝承される土地を知る為に集めた資料もあります。単品では意味を持たないものもたくさんあるかと思います。
スポンサーサイト
私に関して | コメント:2 | トラックバック:0 |

【緊急】 お願いのこと 【緊急】

2月26日火曜の午後より、
使用しているアイフォンのデータが飛んでしまっております。

事の発端は、iosの更新でした。
更新が終わった時に何故かリカバリーを要求されました。
更新の一環かと安易に考え、実行してしまいました…
さらに悪いことに、自動バックアップ設定にしておりましたので、
バックアップデータがリカバリーした真っ新な状態に、
上書きされてしまいました。
バックアップデータも無くなり、
スケジュール、メモ、写真、住所録の全てが消えてしまいました。
2日間、試行錯誤をいたしましたが、やはりデータ復活は無理なようです。

つきましては、
「tlyunyou2009〜略〜@i.softbank.jp」のアドレスをお持ちの方、
お手数とは思いますが、お名前と電話番号を書いてお送り下さい。
よろしくお願いいたします。

取り急ぎお願いまでに。

片桐陽

私に関して | コメント:3 | トラックバック:0 |

I'm proud of you !!

今日は本当に本当に楽しい夕べを過ごすことが出来ました。
(今日といっても、もう昨日ですね。)

お昼もお昼で嬉しい出来事があったが、
夕べに目にすることが出来たことは、
言葉に表わせないほどの嬉しい気持ちを私にもたらしてくれました。


この書き方では、ここを見ておられる方々には、
私が何のことを言っているかまったく判らないでしょう。

私個人にとって懐かしき人物との再会、そしてそれに関係する事柄です。
(現在の立場もあるでしょうからその人物の名前は伏せます。)

共有した遠き日々に想いを馳せ、
そして、流れた十数年という時間に彼自身が築き上げた今に感激しました。

省みて自分自身、汗顔の至りです。
また会う日の為にも、私も真摯に愉快に着実に前に進もうと想います。

直接口にはしませんでしたが、心からの言葉です。

『私はいつまでも貴方を誇りに想っています。』
私に関して | コメント:0 | トラックバック:0 |

途の上にて

shifuontheroad

いつまでも追いつけぬ、遥かなる林師父です。
途の先にて、今でも微笑んでおられる気がします。
私に関して | コメント:1 | トラックバック:0 |

雑感 201108

さてさて、8/10~8/18とまたもや中国旅行に行ってまいりました。
今回は武術とはまったく関係の無い、純粋に中国の空気に浸る為の旅でした。
ある意味初めての旅行スタイルですが、なんだか少し寂しい気もいたしますね。

中国に行くたびに思いますが、身体の使い方や意識の持ち方が日本とまったく違います。
同じ黄色人種、東洋に属する両国ですが、
身体つきや歩き方、立ち方で直ぐに見分けがつく程です。
もちろん、台湾や中国南方には日本人に似ている体形の方もおられますが、
やはり、根本的な違いがあるように想います。
人類として、二つの上肢、二つの下肢は同じなのに、なんだかとても不思議ですよね。

日本人が中国武術を学ぶということは、
ある意味、中国人の身体を故意に構築していくことなのかもしれませんね。
ただ、やはり日本で社会生活をおくるということは、日本人の身体から離れられないのも事実です。
この所為でしょうか、私は中国に行くとほんの数日で身体つきが変化してきます。
特に、頭頸部、腰背部、臀部、下肢が見事に変わります。
また、通常、準備運動を充分にして、身体を暖め、
それから出来ることが、自然に瞬時で出来る様になります。
些少な事例ですが、分脚の様に脚を前に挙げて止める動作を日常生活で急に行っても、
日本では使う筋肉の調整をしながら意識をしてやりますが、
中国では何も感じずに自然に挙がり、且つ何分でも止めていられます。
こういう時に外国の文化を学ぶ難しさを実感します。
面白かったのが、上記の動作を中国で飛行機に乗る前にやり、
日本に帰国してから数時間後にやってみた時です。
帰ってきた途端、変な作為や腰の据わらなさ、重心の不安定を感じました。
医学の徒としても、このあたりは研究を進めていきたいテーマです。

私に関して | コメント:0 | トラックバック:0 |

六合螳螂拳とは

最近、ウチの学校の学生さんが何人か見に来てくれているようです。
こんなマニアックなブログをよく見つけたものです。
なんとも面映いことです。

さてさて、幾人かの学生さんから声がかかりました。
曰く、漢字が読めません。
曰く、読んでも中国語が多くて意味がわかりません。
曰く、先生って何者ですか。

・・・・・・・たしかにそうですよね。


ではでは少し説明をば。

「螳螂」、「蟷螂」は「とうろう」と読みます。
螳螂は草むらで見かける、あのカマキリのことです。
(個人的に「螳螂」の字の方が好きなので私はこちらを使っています。)
螳螂拳とは、カマキリをシンボルとした中国武術の一つです。

私の修練している六合螳螂拳とは、中国山東省の龍口近辺に伝わる伝統武術です。
螳螂拳の一派として知られ、頭に六合の二文字を冠しています。
近代に金葉そして魏三と言う人物を経て成立したものだそうです。
私は、金葉師祖から数えて六代目の林基有老師に弟子入りして、この武術を学びました。
林老師は農村で黙々と技を磨く無名の達人でした。
はじめの数年間は年に一度訪中し、その後の留学期間は老師の家に住み込んで修練しました。

ちなみに、伝承者としての立場こそ許されましたが、私自身が特別強くなったわけではありません。
柔道をやれば柔道強者には面白いように投げられますし、打撃のスパーをやっても同じことです。
ただ、この武術には興味深い思想と練習方法が伝わっています。
これを楽しみながら一生かけて修行していきたいなと考えています。


と、こんな感じでしょうか。
これからもわかりやすい文章を心がけていきたいと想います。
私に関して | コメント:9 | トラックバック:0 |

「テイクダウン大全」(達人9巻)

tatsujin9.jpg

「テイクダウン技術について何か書きませんか?」
との御言葉をフルコムの山田先生より数ヶ月前に戴きました。

そしてこの11月中旬、ついに当書籍が出版されました。
http://www.fullcom.jp/
http://www.toho-pub.net/product_info.php?products_id=319&osCsid=de3eb79b3274ff9e9aa3b051f964251a

お誘いを頂いた際にも大変恐縮してしまいましたが・・・
並んでいる他の先生方が皆さんビッグネームばかり!!
私自身、十代の頃に憧れの目で見ていた先生方ばかりです。
研鑽も修練も遥かに及ばない私なぞが一緒で本当に好かったのでしょうか。

内容は以前も発表させて頂いた「六合」と「内門と外門」を更に展開しました。
技術については、六合だけではなく、太極・太極梅花・七星も紹介しています。

やってみて身に沁みて判ったことは、、、、、、
どの派の螳螂拳をやっても、もう六合にしかなりません。
コンビネーションや方法論が他派の技でも、動けば六合です。

でも、当たり前のことかもしれませんね。
六合に遵って動いているのですから。


私に関して | コメント:6 | トラックバック:0 |

六合の縁を辿って

下の2010年9月9日の記事中の写真は、
実は單香稜師爺のご子息と師爺の包頭のお弟子さんたちです。
包頭の叔父先生(師大爺)は、楊桐老師、杜金果老師、白存仁老師です。
この四方こそは、單香稜師爺の最後を看取り、火葬場まで付き添った方々です。

楊桐老師は、正確に言えば六合螳螂門の正式な門徒ではありませんが、
單師爺がその実力を認めた形意拳八卦掌の傳人です。
幼少から故郷の河北で形意を学び、長じて北京で駱興武先達(形意八卦門)に随い拜師門徒となり、
50年代以降は包頭に赴任し郭培雲先達(形意八卦門)に随われました。
日本からも80年代早期から数人の武術練習者がその類稀なる技を眼にしておられるようです。
單師爺と楊老師の御関係は、師爺のご子息が包頭に移住され当地での滞在時間増え、
師爺の義兄弟であった駱興武先達から楊老師に手紙でその旨を伝えられて以来とのことです。
また、同文中には單師爺に教えを請うようにとも書かれており、
楊桐老師は單師爺の教拳の補助役を兼ねながら学習をされたそうです。

杜金果老師、そして白存仁老師についてはまた項をあらためて書きたいと思います。

ytdjg.jpg


私に関して | コメント:0 | トラックバック:0 |

2010年8月 中国内蒙古包頭にて

baotou.jpg

もったいぶっておりますが(笑)、
実は今夏、北京から内蒙古を廻ってまいりました。
この旅行は私の長年の念願でした。
写真は今回の旅行の一葉です。

ご縁を戴き、様々な方々にお会いすることができ、
多くの『想い』や『願い』を受け取らせていただきました。
この旅行を通じて得られた、
私自身の『想い』はいまだに上手く言葉(行動)に出来ておりません。
大切にしていきたいと考えております。

私に関して | コメント:1 | トラックバック:0 |

2010年8月 中国北京にて

beijingliulaoshiyimen.jpg

北京陶然亭公園 劉敬儒老師の一門と。
丁度、日曜日でしたので、劉老師の名だたる高弟の方々も居られました。
私に関して | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。