雲游拳房BLOG

螳螂門を中心に、武術全般について取り扱います。当BLOGは螳螂門を代表するものではありません。 文責はすべて片桐個人に帰します。無断転載・無許可の引用を禁じます。

「レフリー、フェアプレー、そしてルール」

武術が想定する戦いと現代武道との違いは、レフリーの存在とフェアプレーだろうか。
武術の世界でも戦いにおいて、レフリー役として見分役や立会人をおくことがある。
しかし実闘の場では、その見分役・立会人ですら中立ではないことが多い。
むしろいつ襲い掛かってくるか分からない相手だろう。
それ故、武術はそのような相手の前では、絶対に死力を尽くして闘ったりしない。
勝敗の判断、勝負を止める判断も一方的にレフリー役の人間にあずけたりはしない。
そもそも技術を全て見せるようなこともしない。
周りの環境と共に、レフリー役の人間をも常に意識を置き、情報収集を怠らない。

フェアプレーについても同じことが言える。
公明正大に相手と向き合い、技を応酬し合うことは、
武術においては、むしろ忌むべきことだ。
互いに胸を貸し借りし、技術をぶつけ合うのは、
自らの一門の中(道場の中)か仲間同士で行なうことだ。
武術の世界では、物理的な接触の前から、大いに策を弄し、
如何に一方的に勝負を終わらせるかが重要となる。
この勝負の終わらせ方も大切なポイントだ。
フェアであることは見た目上の勝負が終わった後の、勝者の特権だ。
現実の世相や国際社会を見ても、日本人(私自身も含む)は、
フェアプレー・公明正大・正々堂々とした戦いに幻想を抱き、
あまりにも囚われすぎているのだろう。

上記の話の流れに、
武術の世界はルール無用ですよね、と人から訊ねられる事がたびたびある。
この部分は勘違いをしてはいけないと思う。
確かに、中国(武術)の戦いに対する考え方は、その場のルールに拘泥することなく、
事前に情報戦や暗闘、政治力等を出来る限り使って策を施し、
如何に自分に有利な様に戦いを収めるかにある。
但し、上達の途上においては、ルールは厳格に存在している。
これはある先輩の方に啓発を受けた考え方だが、
「何事においてもルールが無ければ技術は上達しない」のだ。
制限・制約を加えてこそ、技は磨かれる。
問題は武術ではルールが多層であり、やや複雑に設定されていることだ。
一貫した考え方は必要だが、初学者と上達者、個人と集団、徒手と武器ではやはり異なる。
更には、目的や段階によっても大きく違うのだ。
ここを充分に理解しなければ、ルール無用という誤解に自分自身で前途を狭めていくこととなる。

スポンサーサイト
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

恭賀新禧!!!!

100852.gif


今日は旧暦の正月、春節です。
先生、先輩、兄弟、師兄弟、拳友の皆様にとって、
今年も好い年でありますように!!!!

その他 | コメント:1 | トラックバック:0 |

目出度い!

2007年の幕開けと共にうれしいニュースが入ってきた。

根本先生門下の師兄、和田氏がこの1月20日に結婚入籍された。

和田師兄は十数年にわたり螳螂門に深く取り組まれ、
先日、根本先生の入門徒弟として認められた。
私と同代では、日野師兄に続き、
現在二人目の王公元亮大師系太極螳螂門の正式門徒となる。

中国では「人不親藝親」とよく言うが、
血縁地縁関係を大事にする土地柄で、
その次に重要視されるのは技藝の伝承(血縁?)関係だ。
互いに見知らぬ関係でも同門であることが判れば、
それだけでも仲間同士となれる。
ましてや同じ技藝を持つものは家族と一緒なのだ。

根本先生の御帰京、そして和田師兄の御結婚と目出度い流れが続いている。
今年はまだまだ良いことがありそうだ。

和田師兄の御家庭に幸多からんことを!
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自然の運行に則して

暑さも治まり、肌寒ささえ感じる季節となってきた。
蒼穹の高さ、夜の虫の音など、
何時の間にか世界は季節の移り変わりを告げている。

われわれ日本で武術を練る人間は、
もっと季節の変化に目を配るべきだろうと思う。
身の回りの世界や自らの身体内部の変化を、
見つめ続けなければいけない。

数年前、北京梁氏八卦門に学ぶIさんという武術界の先輩から、
次のような御言葉をお聞きした。
「(古代数学としての)八卦は展開すれば三百六十卦となる。
だからこそ一つの卦をも失わない為に、
365日毎日欠かさず練習しなければいけない。」
これはIさんも御師匠からいただいた言葉なのだそうだ。
八卦掌は門外漢なので専門的なことはわからない。
しかしこの感性は本当に素晴しいと思う。

気分の乗るときも、不調のときも、
手足に痛みのある日も、身体が重い日も、
喜びも、悲しみも、苦しみも、怒りも、
全てのときに武術と共に在ることだと思う。
こんな考えは現代のスポーツ運動学理論では、
間違いとして否定されるだろう。
しかし「ごう」とも、「なりわい」とも称すべき、
「業」(わざ)はそうやって初めて身の上に積もるのだと思う。


自然と共にあること。
自然の運行とは変化であり、
変化とは内と外相互に関り合いながら起きる事象だ。
自らを知るためには、
世界にもっと目を見開かなければならない。

その他 | コメント:3 | トラックバック:0 |

一点凝視

われわれ武術を学ぶものには、狭くそして深く追求する姿が求められている。
だからといって世の中に対する視界を狭めてはいけない。
師父の姿を見ていてよくそう思った。
けっして都会の様に溢れる情報の中に居られたわけではないが、
いつも最後を締める言葉は、自信、やさしさ、そして人生への哲理に満ちていた。

失って、そして自らが社会で経験して始めて心に響いた言葉も沢山ある。
礼儀や作法仕来りといったものより、人付き合いでの信義を大切にされていた。

人を介してでしか傳わらない存在、それが武術だと思う。
間接的直接的どちらにせよ、単なる技術交換を越えて、人としての感化がある。

やさしさは、師父にとって弱さやだらしなさの隠れ蓑ではなかった。
きびしさ、人としての強さこそが、やさしさの裏面であった
ブレイブという言葉、華美という意味を抜けば、一番師父に似合っていた様に思う。
たしかに、私にとって師父は勇者のような存在であった。

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |

追悼王菊容老前輩

『上海武術界の華』『回族査拳門の女流名師』、王菊容老前輩がお亡くなりになられた、との情報が入りました。2005年12月25日御逝去されたとのことです。老前輩はアメリカ・ヒューストンの御自宅にて、眠るように安らかに旅立たれたとのことです。

王菊容老前輩は、近代の武術名人、『千斤大力士』王子平先達の御愛娘です。査拳門の拳械、弓術、ShuaiJiao、石鎖等を父より受け継ぎ、新中国建国後の武術事業発展に御尽力されました。晩年はアメリカに移住され、中国武術の世界発展に貢献されました。

思い起こせば、啓蒙の恩師根本一己先生より、一番始めに手ほどきをいただいた中国武術は十路弾腿でした。また師兄弟、師姐妹が査拳門の徒手套路や拳術二十法などを根本先生より教えを受けている姿を数多く見てきました。本門は螳螂門におく我々ですが、根本先生が王菊容老前輩から受け継いだ技は、今や我々の血となり肉となっています。本来、師Nai(師爺輩の女性の呼称)と拜さなければいけない御方です。

私自身は、2000年の上海で催された武術博覧会において、王老前輩に初めてお目に掛かりました。私が根本先生の学生であることをお伝えすると、非常に喜んでくださいました。根本先生の安康を問うお言葉と回憶を口にされ、徒孫輩である私や大嶋弟に温かい励ましの言葉を掛けてくださいました。本当に忘れられない想い出です。

当たり前かもしれませんが、人は誰しも歳をとり、寿命を迎え、世界も変わっていきます。しかし、平均寿命が延び、しかも病院で死ぬことが当たり前になった昨今、その当たり前が、当たり前のことではなくなってきているのかも知れません。本来、われわれ藝を学ぶ者こそ、死が身近にあることや儚さというものを強く認識しなければいけないのでしょうね。藝とは、変わっていく世界に揺るぎない姿を築き続けつつ、変わらない風景の中に失われていく姿を惜しみ求めていくことなのかもしれません。古人が詩に詠んだ、「年年歳歳花相似、年年歳歳人不同」というのは、そういう意味もあるのかもしれませんね。

謹んで王菊容老前輩の御冥福をお祈り申し上げます。

関連ニュース;
http://ezine.kungfumagazine.com/magazine/article.php?article=653
その他 | コメント:3 | トラックバック:1 |

拳友の門出を祝いて

ここのサイトの掲示板を通じて知り合いになることができた拳友がいる。
偶然ではあったが、同門同輩分であることが分かり、大いに親近感がわいた。
しかもメールを通じ、同じ九州人であることも分かり、更に身近に感じている。

彼は先日、山東煙台の地へと旅立った。
一年間の中国留学を通じ、中国語、螳螂拳と大いに見識を深めてくる予定とのこと。
非常に勝手ながら彼の将来に大いに期待を抱いている

彼はまたこの一年間で中国と日本の関係のためになることをしたいと言っていた。
「政冷経熱」とは昨今の中日の関係を表した新聞の見出しだ。
我々、民間の武術愛好者は是非とも「民更熱」を目指したい。
そのためには彼のような熱い心の若者が必要だ。

彼の留学の成功と大いなる夢の成就を祈って

学習順利!生活愉快!身体健康!万事如意!

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

同好の士、遠方より来るあり

先週末、名古屋から佐野氏が来京されました。
佐野氏は研究会の中で六合螳螂を専門的に学習されている数少ない同好の士です。

今回の来京では、僭越ながら六合の実技指導を私が担当させていただきました。市川の練習会にて、市川を主管する日野師兄にお許しをいただき、別メニューという形で会場の一部を借りて二人で六合の研究をしました。

その後、夜は未明まで私の自宅にて人生について有益なアドバイスをいただきました。佐野氏は年齢自体、私と二周りも違う、人生の大先輩です。

六合螳螂は華やかさに欠ける分、気の早い方や体力の有る方には受けが良くありません。佐野氏の様にじっくりと武術に取り組んでいただける方には最適です。

師父の写真や映像を見ながら、佐野氏とさまざまな角度から研究しました。それぞれ人によって気付き、そして学び取る部分は違うものだなと、非常に納得し、大いに勉強になりました。

名古屋でも六合の研究仲間が増えるといいですね。
東京ではさっぱり増えません。(笑)


その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

武器術研究、事始め

先週末、市川分会定期練習に参加した際、
青砥師兄、大野兄の御二人に剣術の練習法に指点をいただいた。
御二人は山東の王秀遠老師の入門徒弟であり、
王老師の得意とされる器械術、達摩剣を深く追究されている。
その動き、技術、そしてその練習法の意義ある内容に、
さすがは名師の傳、まさに名剣術と感心させられることしきりであった。

もともと市川分会は王元亮師爺~根本一己先生と継承される、
太極玉環刀を中心とした刀術が盛んであった。
そして今も多くの会員が熱心に刀術に取り組まれている。

近日、市川分会では武器練習班が正式に発足する予定と聞いた。
刀術を得意とする日野師兄、和田師兄、
剣術を得意とする青砥師兄、大野兄、
四名の兄位が中心となり研究が開始されるという。
若い会員の中には日本剣道経験者もいる。
会の短兵技術の発展に今から勝手に強い期待を抱いている。

会では他に、名古屋の鈴木兄が現在中国にて六合棍を研究学習されている。
六合棍は槍術の理をも内包する名棍術だ。
長兵技術の研究も近いうちに始まりそうだ。

術を通じて法理を体得できれば、螳螂門の理解は更に深まるはずだ。
私も皆に後れず、頑張って研究していきたいと思う。

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

雑感

新宿区に引越ししてから数日が過ぎた頃、
自転車の乗っての仕事帰りに、
通り道の近所の公園で大学生のグループが、
夜遅くまで武術を練習しているのに気付きました。

その後、遠くから何回か練習を拝見し、
ある時思い切って声を掛けさせていただきました。
とても礼儀正しく、真面目で、熱心な大学生さんたちでした。
自分の同年齢の頃をふと思い出して、すごく恥ずかしくなりました。
功夫のレベルも態度も素晴らしい若者たちでした。

私の先生方の若い頃に比べて、
確かに私は環境的にも情報的にも非常に恵まれていました。
ただ私自身はそれを活かしきれていなかったように思います。
今の学生さんたちは若い頃から高いレベルに達し、
しかもそれだけに慢心せず非常に熱心ですね。
生活や学校、仕事を言い訳に数年の間、
武術を置き去りにしてきた自分が悔やまれます。

彼等の中の一人が去年中国留学へ旅立ち、
また他にも今年から留学される方も居られるとお聞きしました。

彼等の武術学習の成功と留学生活が愉快であらんことを祈ります。


その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT